ベトナム旅行(ハノイ・ハロン湾)

飛行機は0時半ごろハノイのノイバイ空港に到着。
空港からタクシーで30キロほど離れた市内へ向かう。

ホテルに着いたのは夜の1時を過ぎていた。
玄関のドアはカギが閉まっていたが、開けてもらった。
泊まったのはAsia Palace Hotel Hanoi 2、ハノイ旧市街のホアンキエム湖近くの宿。
全体的に狭い造りだけど、小奇麗でフロントのお兄ちゃんがしっかりしていて親切だった。


7日目。朝からハロン湾の日帰りツアーに出発する。
この日も天気は絶好、天気運の良さは我ながらすごいと思う。

昼過ぎに到着、早速クルーズの船に乗り込む。
遠くに見える奇岩の影が徐々に近づき、テンションが上がる。

にょきにょきと海から奇岩がそそり立つ海域に入る。
海面は穏やかで波はほとんどなく、色はエメラルドグリーンというよりは翡翠のような色をしている。
確かに不思議な景色だ。海の色がきれいなのは天気が良かったからかもしれない。

画像



水上生活者の集落でいったん船をおり、手漕ぎの小舟に乗り換える。
奇岩の下に小さく空いた洞窟をくぐると周りを岩で囲まれた空間が広がっていた。
ちゃぷちゃぷ水を漕ぐ音だけが聞こえる静かな世界。

ひとまわりした後、またクルーズの船に乗ってゴリラ岩などの奇岩を見学しながらしばらく行くと、入り江に到着した。
船を降りて、少し登ると洞窟の入り口が!
ティエンクン洞という鍾乳洞らしい。
オレンジ、青、緑などライトアップされているのはちょっとやりすぎな感もあるけど、なかなか見事な鍾乳洞だった。
上のほうに空いている穴から光が束になって差し込んでいるところがとても綺麗だった。

また船に乗り、クルーズ船乗り場まで戻ってきたらあとはハノイ市内に戻るだけ。
これでベトナム旅行も終わりかと思うと少し寂しい。
バスから見た夕日はなかなかきれいだった。

市内には夜の7時半と思っていたよりは早く着いた。
ハノイ大教会の前でバスを降りて、ハノイ大教会やホアンキエム湖、ハンガン通りあたりのナイトマーケットを観光できた。


翌日は朝から空港に。ハノイのノイバイ空港は、国際空港という名前の割には小さく、お土産を空港で買うつもりだったのでちょっと計算外だった。
でも一応、なんとか会社で配るチョコレートなど数点をゲットできた。
この日もまだ腹の調子は微妙だったけど、まあこの程度で収まってくれてよかった。

台湾経由で、日本には夜9時前くらいに着いた。
これで翌日フットサルに参加したんだから元気だなと思う(笑)

街も遺跡も川も海も山も鍾乳洞も世界遺産も見れて、少し忙しかったけど良い旅行だったと思う。
ベトナム行けてよかった!






"ベトナム旅行(ハノイ・ハロン湾)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント