ベトナム旅行(フエ)

5日目の続き。

フエには夕方に到着。
快適なバスだった。
そして、街外れのバス停も覚悟していたら着いたのはフエ新市街の真ん中で、良い方向でサプライズだった。
この日のホテルはセンチュリー・リバーサイド・フエ。
設備は多少古さを感じさせるところがあるものの、今回の旅行でもっともグレードが高い4つ星の大型ホテル。
といっても1人1,500円くらいで泊まれてしまうのだから、事前予約サイトはすごい。
今回は円高というのも大きかった。

ホテルで翌日のフエ遺跡観光ツアーを申し込んだあと、フエの宮廷料理を食べに行った。
味よりも見た目に特徴のある料理で、例えば鳳凰の形をしていたりする。
錦糸卵に象られたハムでできた羽根に人参で作られた頭・・・
ここに来たからには一度味わって、というか拝んでいくのも良い経験だと思う。

夜になると川にかかったチャンティエン橋がライトアップされており、川沿いの公園には出店を開く人がいたりクルージング用のボートも電飾がついたりにぎやかな感じになっていた。


6日目、この日はフエの遺跡観光。
ミンマン帝廟、カイディン帝廟、トゥドゥック帝廟、阮朝王宮、ティエンムー寺と回り、最後はフォーン川を龍の頭の装飾がついたボートで市内に戻ってくるというコースだった。
それぞれの遺跡が距離が離れているので、ツアーにして良かったと思う。
それぞれの遺跡で特徴が違い、中国風の建物に広い庭園だったり、西洋風の石造りの城のようだったり。
また途中で立ち寄ったベトナム拳法?のパフォーマンスも面白かった。

ツアーのあとは、インペリアルホテル最上階のキングス・パノラマ・バーに行ってフエの街の全貌を空から眺めたり、ドンバ市場に行ってみたり。
市場ではローカルフードの屋台を試してみたかったんだけど、あいにくこの日の朝から腹の調子が下降気味だったので自重した。

夜は空港に向かい、ハノイへ。
もともと22時10分発という遅い便だったけど、時刻変更にディレイが重なり、結局1時間以上出発時刻が遅くなってしまった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック