期待外れ

今回のワールドカップは好カードとみられていたゲームが凡戦でがっかりすることが多い気がする。
昨日のスペイン対ドイツもそうだった。
まずドイツ。これまでの運動量も連動性も見られず、ボールを奪ったあとチーム全体が一気にスピードアップするあの感じがなかった。ミュラーがいないことで攻め手が限定されてしまったことが原因かな。
一方のスペインも、前半からあれだけボールを支配して攻めていたにもかかわらず、最後まで崩しきることはできず、枠を外したエリア外からのシュートばかり。
結局コーナーキックに合わせたプジョルのヘッド1点に終わり、終盤の決定機にもペドロがトーレスにパスが出せずにふいにする腑甲斐なさ。
平日の早朝(深夜?)にわざわざ起きて見たことを後悔するようなゲームだった。
決勝に残ったスペインもオランダも、ここまで見るかぎりでは08年のユーロの時の方がはるかに魅力的なチームだった。
せめて決勝ではお互いの良さを存分に発揮していいゲームを見せてもらいたいもんだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック