オーストラリア戦の感想

負けは予想通りなんで失望とかはないですけど。
完全に力負け、とはいえ思ってたよりは善戦してた。
まあだからこそ、せめて引き分けとけよって気持ちもなくはないです。

で、思ったことをいくつか。

・阿部はセンターバックとしてはプレーが軽すぎる
守備力が無いひとではないけど。だいたい、せっかくCBの専門職の人を代表に呼んでるんだから、中澤不在のときぐらいテストしてみたらどうなのか。特にこれだけ両サイドのSBが攻めあがる作戦をとるならねえ。

・松井⇒矢野の交代
いつも疑問なんだけど、デカイ相手に対してデカイFWを後半途中から入れるという作戦ははたして有効なんだろうか。

・やっぱり何もできない玉田
スピードで勝負してもフィジカルで潰されるということが改めてわかった。まあ、技術・スピード・シュート精度の総合点でいえば田中達や大久保よりは上だとは思うけど。なんかただ上手いだけでゴールの匂いを感じさせない選手。FWの軸というよりはジョーカーで使って欲しい。

・肝心のゴール前で単調
攻め急がず、中盤でボールをまわすこと自体は良いと思う。
ただ、そうすると相手のゴール前の人数が厚くなるのは必然なのに、最終的にクロスを入れるかドリブルで誰かが突っかけていくかしか手がないのが気になる。その2手しかないなら、速攻したほうがいいわけで。エリアの中で待っててもボールが通るわけないんだし、もっと工夫できないのかな??

・良かったこと1
今野の守備力はまあまあ見るべきところがあったと思う。
守備固めをしたいときのオプションにはなるのでは。

・良かったこと2
闘莉王のゴールがヘッドだったこと。
高さのある相手からもヘッドで点が取れることが証明された。
高さで勝てないと最初からあきらめて、小さいFWしか使わないってのはやっぱり間違いだよね。


まあ、主力不在だったことを考えればこんなもんなのではないかと。
本番1年前として課題が明確になったことはむしろ良かったかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック